禁欲で女の子の産み分けは可能?

投稿者: | 2018年5月1日

禁欲,オナ禁

 

・産み分けに禁欲は必要か

 

産み分けをするためには禁欲も必要なのだろうかという疑問をもっている夫婦も多いと思います。

 

結論から言えば、産み分けをするために場合によっては禁欲が必要となることも出てきます。その理由としては、行為のタイミングが産み分けに大きく関わってくるからです。

 

行為のタイミングは女の子を産み分けしたいのであれば排卵日の2、3日前に行うのが良いと言われていて、男の子の場合は排卵日の1日前か当時に行うのが良いと言われています。

よって、このタイミングに合わせて性交を行うためには禁欲の必要が出てくるということになります。

 

・女の子が欲しいときの注意点

 

女の子を産み分けしたいと思っている場合、排卵日の2、3日前に性交を行うことが必要になりますが、それ以外はタイミングを気にする必要はないというわけではありません。

 

特に排卵日の1日前や当日に禁欲する必要があるという点には注意しなければいけません。

 

精子にはX精子とY精子があって、女の子を産みたいのであればX精子の方が受精する必要があります。しかし、Y精子が卵子へ泳ぐスピードはすごく早く、X精子の倍以上のスピードがあると言われています。

 

よって、せっかく排卵日の2、3日前のタイミングに合わせて性交をしても、排卵日の1日前や前日にも性交をしてしまうとY精子がX精子を追い抜いて先に受精してしまう可能性があるので、女の子が欲しいのであれば排卵日の1日前や当日には禁欲する必要があるのです。

 

・男性の理解も重要

 

女の子の産み分けをするためとは言っても、男性にとって禁欲が大きな負担となることもあります。よって、女性側が女の子を産み分けしたいということで禁欲の必要性がある場合は、男性側にきちんと理解してもらい納得してもらうように配慮する必要があります。

 

頭ごなしに禁欲を強いられると男性にとってはストレスになりますし、それで男性が性交に嫌なイメージを持ってしまったら、産み分けどころか妊活自体にも支障が出てしまいかねません。

 

もちろん男性側の理解も必要です。女性にとって妊活や産み分けによるストレスは男性以上に大きなものになることを理解していれば禁欲も大きなストレスにはならないと思いますし、相手女性の心や体を労わってあげる気持ちも自然と出てくると思います。

 

このようにお互いが理解し合って産み分けに取り組んでいくことが産み分けを行っていく上ですごく大切なポイントになると思います。

 

 

女の子の産み分けをする人が行為後に気をつけるべきこと