知っておきたい!女の子の産み分け時に注意すべき飲み物とは?

投稿者: | 2018年5月3日

 

・女の子の産み分けにコーヒーはNG

 

男の子がほしい時はコーヒーを飲んだ方が良いという話を聞いたことがある人もたくさんいると思います。

 

コーヒーを飲むとコーヒーに含まれているカフェインによって男の子が産まれることになるX精子が活性化され男の子が産まれやすくと言われています。具体的には性行為する30分から1時間前に男性がコーヒーを飲むと良いと言われています。

 

よって、女の子を産み分けしたいという場合は、性行為の30分から1時間前には男性はコーヒーを飲まないように気を付けなければならないということになります。

 

また、コーヒーを飲んでカフェインが完全に排出されるまでには半日程度かかると言われています。コーヒーが好きで毎日飲んでいるという男性もたくさんいると思いますが、女の子を産み分けするのであれば、少なくとも行為する半日前からコーヒーは飲まないでおくべきです。

 

カフェインが体外へ完全に排出されるまでの時間は個人差があるので、半日前と言わずに性行為の日はコーヒーを飲まないようにした方が確実ですね。

 

・カフェインを含んだ飲み物について

 

コーヒーに含まれているカフェインが産み分けに影響を及ぼすのであれば、コーヒー以外でもカフェインが含まれている飲み物は飲むタイミングに注意する必要があるということになります。

 

カフェインを含んでいる飲み物はコーヒー以外にもたくさんあります。緑茶や紅茶、ウーロン茶、ほうじ茶、玄米茶などのお茶にもカフェインは含まれていますし、コーラやココア、栄養ドリンクなどにもカフェインが含まれています。

 

さらに飲み物だけではなくチョコレートにもカフェインは含まれていますし、薬にも含まれていることがあるので注意が必要です。

 

・女性もコーヒーは避けるべきか

 

女の子の産み分けで男性はコーヒーを控えるべきだと紹介しましたが、女性もコーヒーはできるだけ控えるべきです。

 

コーヒーを始めカフェインが含まれている飲み物を飲むと利尿作用によって体が冷えやすくなってしまうので、産み分けをしている、いないに関わらず妊活中の女性は控えた方が良いでしょう。

 

カフェインが含まれている飲み物は意外と多いので、どんな飲み物を飲めばいいのか分からないという人もいると思います。そういった人にはルイボスティーを飲んでみてはいかがでしょうか。

 

ルイボスティーはノンカフェインですし、抗酸化作用もあり、ミネラルも豊富なので、妊活中の女性にもおすすめです。

 

 

女の子の産み分けをする人が行為後に気をつけるべきこと