本当のところどう?食事で女の子を産み分けできる?

投稿者: | 2018年5月5日

 

・食事で産み分けは可能か?

 

女の子が欲しいと希望している人達のなかには、食事によって産み分けすることができないだろうかと思っている人もいると思います。

 

男性の精子にはX精子とY精子があって、女の子を産み分けしたい場合は、X精子と女性の卵子のX染色体と掛け合わせる必要があります。そのX精子は酸性に強いという性質をもっているため、女性の体内を食事によって酸性にするというのが、食事による女の子の産み分けになります。

 

人の身体は酸性とアルカリ性がバランスをとれるように調整する機能があるため科学的根拠があると証明されているわけではありませんが、できることはやっておきたいという人にはじゅうぶんに試してみる価値はあると思います。

 

・女の子を産み分けしたい場合の食事について

 

食事によって女の子を産み分けしたい場合、先ほど説明したように女性の体内を酸性にしたいので、女性の場合は酸性の食品を意識した食事を摂ることが必要になります。

 

酸性の食品といえば、肉、魚、卵を始めとして、トマト、ほうれん草、サツマイモ、ミカン、りんご、ブドウなどの野菜や果物などになります。酸性の食品のなかには高カロリーのもの多いので、そういった点にも気を付けて食事管理をしていく必要があります。

 

女の子の産み分けのための食事で注意しなければならないのが、男性の食事はアルカリ性の食品を積極的に食べていく必要があるということです。よって、食事によって産み分けしたいという場合はパートナーで食事の内容が別々にする必要が出てきます。

 

アルカリ性の主な食品は、ほうれん草、わかめ、アーモンドなどです。また、肉や魚などは酸性になるため、肉が大好きで野菜が苦手という男性にとっては食事がかなり制限されてしまうことになります。

 

 

 

おすすめ記事 ↓ ↓

ピンクゼリーを使って産み分け体験談!3人目に女の子を!

 

 

・女の子の産み分けのための食事を始めるタイミング

 

食事によって女の子の産み分けをしたいという場合、産み分けを意識した食事はできるだけ早めにスタートさせるべきです。

 

射精される精子は大体3か月前くらいにつくられたものであると言われているので、食事による効果が期待されるのは早くても3ヶ月後以降になります。

 

食事による産み分けは継続して行なっていくことが必要になりますが、男性は酸性のお肉は絶対にダメと極端にしてしまうと栄養バランスも悪くなってしまいますし、あまりに厳しくしてしまうとストレスにもなってしまうので、完璧を求めすぎないのが継続するコツになります。

 

 

女の子の産み分けをする人が行為後に気をつけるべきこと