女の子の産み分けをする人が行為後に気をつけるべきこと

投稿者: | 2018年5月3日

 

・女の子の産み分けに準備しておくべきこと

 

「子供ができるなら女の子がほしい」

 

ということで、いろいろと気を付けている人もいると思います。女の子を産み分けするのであれば、性行為を排卵日の2、3日前に行う必要があると言われています。

 

精子にはX精子とY精子があって、女の子を産むためにはX精子が受精することが必要になります。X精子は酸性に強いという性質をもっているため、膣内が酸性の強い状態である排卵日の2、3日前に性行為する必要があるのです。

 

また、X精子は耐久性があり、寿命が長いという性質があって、Y精子は寿命が短いという性質があります。よって排卵日の2、3日前に性行為をすると排卵日までにY精子は寿命がきてX精子が受精しやすくなり、女の子が生まれやすくなるというのも、排卵日の2、3日前に性行為をするべき理由になります。

 

排卵日の2、3日前にタイミングよく性行為するためには排卵日を把握しておく必要がありますし、排卵日を把握するためには日々体温を記録など準備が必要もあります。

 

排卵日を把握できるようになるためには、月経の周期を整えておく必要があります。そのためには規則正しい生活を送ることが大切になります。

 

また、ストレスを溜めることも月経の周期が乱れる原因となります。よってストレスを溜め込んでしないように上手に発散することも大切になりますし、産み分け自体がストレスとならないためにも夫婦で気遣いながら産み分けに取り組むこともポイントになると思います。

 

・行為後に気をつけるべきこと

 

女の子の産み分けをするためにはいろいろと準備をする必要がありますが、行為後にも気をつけるべきこともあります。

 

女の子の産み分けをするために排卵日の2、3日前に性行為した行為後は避妊するように気を付けなければいけません。

 

膣内は排卵日が近づいてくると酸性が弱まってくるため、Y精子が活動的になる環境になってしまいます。また、Y精子はX精子よりも泳ぐスピードが早いため、2、3日前のX精子を追い抜いて受精してしまう可能性もあります。

 

このような理由があり、排卵日前日や排卵日当日はY精子が受精しやすく男の子が生まれやすくなってしまいます。女の子を産み分けしたいのであればそういった男の子が生まれやすい期間の性行為を控えることも大切になります。

 

よって、女の子を産み分けするための行為後は少なくとも1週間くらいは行為を控えるか、避妊をして行為をするようにしましょう。

 

なお、女の子の産み分けには「ピンクゼリー」という商品もあるようです ↓ ↓ ↓

 

ピンクゼリーの産み分け効果や副作用、安全性を大調査!デメリットや悪い口コミはある?

 

この商品は女の赤ちゃんを産みたい人の間で口コミで人気が出てきているそうで、今注目の産み分けグッズです。

 

詳しく知りたい方は、ぜひ上記のリンクをクリックして、サイトをご覧になってみてくださいね。