女の子の産み分けに梅干しがおすすめは本当か?

投稿者: | 2018年5月2日

梅干し

 

・酸アルカリ法とは

 

女の子を授かりたいと熱望している人は、酸アルカリ法に関心がある人もたくさんいると思います。

 

酸アルカリ法とは産み分け法の一つです。膣内が酸性であると女の子を産むために必要なX精子が活性化して女の子が生まれやすくなると考えられています。よって、膣内を酸性にするために酸性の食べ物を食べて体内を酸性にしようとするのが酸アルカリ法になります。

 

酸アルカリ法ならすぐにでも実践し始めることができますし、やってみようかなと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

・梅干しは酸性?

 

酸アルカリ法を実践するためには酸性の食品とはどのような物があるのを知る必要があります。酸性というと食べてみて酸っぱいものは酸性なのではと考える人も多いと思います。そこで梅干しは酸性ではないかと思う人も多いのではないでしょうか。

 

実際、女の子を産み分けしたいのであれば梅干しを食べるのがおすすめというような情報がネット上にも散見されます。よって既に梅干しを意識して毎日食べているという人もいるかもしれませんね。しかし、女の子を産み分けしたいと思っているのであれば梅干しを積極的に食べるのはおすすめではありません。

 

たしかに梅自体は酸性であるのは間違いありませんが、梅干しになるとアルカリ性の食品になります。

 

よって梅干しをたくさん食べていると男の子が生まれやすくなると言われているアルカリ性の食べ物をたくさん食べてしまっていることになってしまいます。

 

この梅干しのように味が酸っぱいからといって必ずしも酸性であるとは限らないので酸アルカリ法を実践してみようと考えている人は注意が必要です。

 


・酸性の食べ物とは

 

その食べ物が酸性かアルカリ性であるかは、食べ物を燃やしてできる灰のなかに残ったミネラルが酸性のミネラルかアルカリ性のミネラルかによって判別することができます。

 

しかし、一般の人がこういう方法で判別するというのは難しいので、酸性の食べ物とはどういったものがあるのかを紹介したいと思います。

 

酸性の食べ物は肉類や魚介類、卵黄、米、パン、チーズ、バターなどです。米やチーズ、バターなどカロリーが高いものが多いので食べ過ぎには注意が必要です。

 

また、野菜類にはホワイトアスパラガスやクワイなど酸性の野菜もあれば、キャベツほうれん草などアルカリ性の野菜もあります。

 

食材を一つ一つチェックするのは大変かもしれませんが、間違えると逆効果になってしまうので、分からない食材はこまめにチェックしましょう。

 

 

女の子の産み分けをする人が行為後に気をつけるべきこと