ホントにできる?野菜による女の子の産み分けについて

投稿者: | 2018年5月8日

 

・産み分けで女の子を希望する理由

 

「初めて生まれてくる子は男の子と女の子どちらがいい?」

 

と聞かれると、女の子が欲しいと答える女性が増えてきているようです。男の子にもいろいろな魅力がありますが、女の子にも男の子にはない魅力がたくさんありますよね。

 

女の子がほしいという女性の理由で多いのが、同性だからということです。親子関係であっても、男性同士、女性同士ではないと分からないということはどうしても出てきます。同じ女性として通じ会えることも多く、大きくなっても女性同士じゃないとできない相談の相手になったりし合えることができるというのも魅力です。

 

また、一緒にオシャレを楽しめるというのも魅力の一つです。こんな髪型にしたいとか、こういったかわいい洋服を着せてあげたいと生まれる前からいろいろと考えている人もたくさんいると思います。

 

さらに老後の面倒を見てもらいたいと考えている女性も多いようです。老後の面倒を診てもらうことになった場合、同性の方が面倒見てもらいやすい部分がたくさんあると思います。男の子であった場合、その子のお嫁さんに面倒みてもらうことも可能ですが、やはり実の娘に面倒見てもらいたいと思う女性が多いようです。

 

 

・野菜による女の子の産み分けについて

 

できれば女の子が欲しいという人のなかには食べ物による女の子の産み分けに関心がある人も多いと思います。

 

女の子がほしいという場合の食事は男性が野菜中心で、女性が肉や魚中心の食事を摂ると良いと言われています。これは、女の子を産みやすくするためには男性がアルカリ性の食品を女性が酸性の食品を食べた方が良いと言われているからです。

 

普段、野菜中心の食生活を送っている女性であれば、野菜は控えなければならないのかと思う人もいるでしょう。

 

しかし、野菜にもアスパラガスやグリンピースなど酸性の野菜もあるので、女の子の産み分けを意識した食事を摂りたいけど、野菜もたくさん摂りたいという人はそういった酸性の野菜を意識して食べるようにすると良いでしょう。

 


・妊活中におすすめの野菜について

 

女の子の産み分けに女性は酸性の食べ物をたくさん食べた方が良いということを紹介しましたが、だからと言ってアルカリ性の野菜は絶対に食べてはいけないというわけではありません。

 

妊活中はいつも以上に栄養バランスの摂れた食生活を送ることが大切ですし、酸性の食べ物ばかり選んでいたら栄養が偏りがちになってしまいます。

 

ブロッコリーやほうれん草などはアルカリ性の野菜ですが、抗酸化作用があったり、葉酸が含まれていたりしているので、妊活中の女性にとっておすすめの野菜になります。

 

 

 

こちらも必見! ↓ ↓

 女の子の産み分けをする人が行為後に気をつけるべきこと